Highlight

ボーダーセッションズの見どころ

開催間近(5日前!)の
オランダ発Boarder Sessionsに乗り遅れるな!

2011年からオランダハーグで開催される欧州最大規模かつ最先端の“社会実験場”として認知されている国際的イベントBorder Sessionsの日本版第1回が10/5-6の週末に新虎ビレッジで開催されます。

BOARDER SESSIONSとは?

Border Sessions ボーダーセッションズは、2011年より一年に一度オランダ・ハーグ(第三都市)で開催される欧州最大規模かつ最先端の“社会実験場”として認知されている国際的イベント。世界の前提を挑発しながら“革新”や“解決策”を生みだしつづける活動家たちが集結し、Future Pitch(未来ピッチ)、Summit(サミット)、Lab(ラボ)、Display(展示会)を通してアイディアのみではとどまらない社会実装を前提としたアウトプットを続けるイベントです。

アート、ロボティック、ゲノム、テクノベート、シティなどをテーマに“世界の先端” を知ることができる総勢16名程のゲスト登壇者による、ライブプレゼン、テーマ別ワークショップ、その後、新虎ビレッジプロジェクト継続のチャンスもあります。

Border Sessions(オランダ公式サイト)
日本人参加者によるBorder Sessionsの紹介(note)

日本版共同主催者(株式会社グランマ 本村拓人)からの個人的なメッセージ

「好奇心と実験までの距離のGAPを埋める」中核にあるテーマは、態度、マインドセットであって、アート、デザイン、システムではない。まずは好奇心と実験の間にGAPを持たない態度です。そして、好奇心に、少しの想い、少しのお金、少しの行動力、少しのインプットを付け足して、さらに想像力をてこに実験する。TEDのIdeas worth spreadingならぬ「no boundary between curiosity and experimentation」ですね。

本村拓人プロフィール:創造区画家。生活者の想像力を掻き立て、関わりあう人の創造性が発揮される一区画"Creative One Block"を都市・地方へ宿すプロジェクトを多数展開。専門は地域経営・都市開発。趣味は多拠点居住。特技は旅。2009年株式会社グランマ創業。主にアジア8カ国にて地域開発・経営に従事。国内では東京と東北を往き来しながら、秋田県南に位置する湯沢に”Fermentation City”を企画。また、同地域で発酵ギークたちが集う年に4回のカルチャーフェス「fermentators week」を企画運営する。都内では自由大学のディクレターとして複数の講義を担当。また、世の中に新たな"思索"を提示するキュレーターとして世界を変えるデザイン展、Design For Freedom等、展覧会やムーブメントの企画を運営する。

1日目で、社会のニーズや技術のシーズを知ることで、自分のウォンツを追求してほしい。ゲストのプレゼンテーションから、解像度の高い目指すべき社会像やテクノロジーを知ることで、自然とウォンツの深さと幅が広がるでしょう。ただ、実際に実験をしないと、それも体感できないので、2日目にサミットを、その後のラボを準備しています。自分からはじまるプロジェクトほど面白いものはありません。虎ノ門ヒルズ眼下にある実験場でお待ちしております。

濃密なスケジュール

1日目

総勢16名のゲスト登壇者による、20分毎のプレゼンテーションライブを実施。5つのテーマを軸に、未来に向けて実験的な思考をするための土台となる大量かつ多角的なインプット。

Time Session Speaker

10:05 - 10:20

Opening Remark

Bordersessionsとは。今なぜ実験思考なのか

ゲリット・ヤン

Gerrit Jan

10:20 - 10:40

Well-being

習慣が先か?意識が先か?行動変革を起こすデザインとは

ダニエル・マッグス

Daniel Maggs

10:40 - 11:00

Well-being

物体を再編集かけていくことでたどり着く最終領域

イーライ・リオンズ

Eli Lyons

11:00 - 11:20

Well-being

暮らし研究と未来のデザイン〜解像度をあげること〜

土谷 貞雄

Sadao Tsuchiya

11:20 - 11:40

Well-being

身体データがもたらす未来と選択肢

杉原 行里

Anri Sugihara

11:40 - 13:00

Lunnch Session

食の世界からサステナブルを目指して

入江 誠

Makoto Irie

13:00 - 13:20

Living anywhere

Make your City

エヴァ・デ・クラーク

Eva De Klerk

13:20 - 13:40

Living anywhere

沈まぬ都市 世界一自然災害に強い住宅とは

ピーター・ハム

Pieter Ham

13:40 - 14:00

Living anywhere

火星暮らしは実現可能なのか

ダニエル・ステギンガ

Daniel Steginga

14:10 - 14:30

Next art

人間とRobotの共生

イアン・イングラム

Ian Ingram

14:30 - 14:50

Next art

アートには価値があるのか

ピーター・エルンスト・クーレン

Peter Ernst Coolen

14:50 - 15:10

Next art

思索をデザインする

ティム・フージェスタイガー

Tim Hoogesteger

15:20 - 15:40

Circular economy

地球全体の循環をつなぐ

武田 真由子

Taketa Mayuko

15:40 - 16:00

Circular economy

日本の伝統産業から始まる供給供足

芹澤 孝悦

Takayoshi Serizawa

16:00 - 16:20

Circular economy

至福の経済学

中台 澄之

Sumiyuki Nakadai

16:30 - 16:50

Community value

実験都市つくば

江渡 浩一郎

Koichiro Eto

16:50 - 17:10

Community value

Dutch Cheese on the Block Chain - how to take the holes out before consumption

ピーター・フランケン

Pieter Franken

17:10 - 17:30

Community value

Design for better future

プナム・バグリー

Phnam Bagley

17:30 - 17:50

Closing Remark

叛逆の時代を生き抜く為に

山寺 純

Jun Yamadera

登壇予定者:Gerrit Jan, Daniel Maggs, Eli Lyons, 土谷 貞雄, 杉原 行里, 入江 誠, Eva De Klerk, Pieter Ham, Daniel Steginga, Ian Ingram, Peter Ernst Coolen, Tim Hoogesteger, Pieter Franken, Phnam Bagley, 武田 真由子, 芹澤 孝悦, 中台 澄之, 江渡 浩一郎 ほか(敬称略・日本語同時通訳付)

開催場所:東京都港区西新橋2-16-6 新虎ヴィレッジ SHINTORA VILLAGE

2日目

実験の入り口が2日目です。循環型経済の担い手になろうとしているナカダイさん、リクシルと取り組む究極のダイバーシティを実現する公共トイレ、日本全国の家業のイノベーションを加速させるNN生命の家業イノベーションラボ。参加者は、冒頭で8つのラボからプレゼンテーションを聞いたのち、参加するラボを決める。ラボでのアクションやアイデアを構想し、それを広げていく。1日目のゲストのうち、3名がラボを展開する。もちろん各ラボの活動に参加してもらうこともあるでしょうが、刺激を受けた個人が、想定していない新しいラボを生み出すかもしれません。

その後

それぞれのラボで自主的に活動してもらう。12月12日には、フード関連のラボが中間報告、13日に循環エネルギーのラボが、19日にビーガン(Well-being)のラボ、26日にリクシルの公共トイレのラボが、27日に家業イノベーションラボが新虎ビレッジでラボを展開し、実験の途中経過を披露する。

No LAB title 主催者 LAB概要

1

Future Energy LAB

株式会社ナカダイ

廃材を生まないソサエティ3.0を加速かせるリサイクル研究と廃材を分解する施設の考案

2

Future Public Sanitation LAB

株式会社リクシル

誰もが使える公共トイレ・キッチンの考案

3

Future Food LAB

株式会社Eyes Japan

食材x調理器x食文化で心地よい暮らしを実現

4

Future SMe (small medium enterprise) LAB

Border Sessions実行委員会

国内の事業承継問題を解決する。家業ビジネスの発展に寄与する仕組みの考案

5

Future Inclusiveness LAB

株式会社オトングラス Fab Biotope

多様性の発明を同時多発的に引き起こす(社会実装)プラットフォームの構築など、ものづくりの民主化を超え、個人の意思が尊重される社会的プラットフォーム

6

Future Disaster Management LAB

Pieter Ham Fintch Floating Homes

予測不能な自然と向き合いながら、安心で持続可能な未来の暮らしを考案する

7

Future Design Research LAB

Tim Hoogesteger / Next Nature Network

未来を大胆に描き、実験を繰り返しながら社会に落とし込むにはどうすればいいだろうか。そのプロセスを実験的な実例をもって考えていく

8

叛逆の窓

Border Sessions実行委員会

10月5日はゲストスピーカを核に様々なプロジェクトに対しるアドバイジングをすすめている。

開催場所:〒105-0004 東京都港区新橋4丁目1−1 新虎通りCORE1F

参加する過程で求められる、身につけざるを得ない態度

ゲスト登壇者から見るBOARDER SESSION日本版の特徴

芹沢さん、中台さんは、伝統産業や家業のアップデートの仕方を純粋に楽しんでいる。 ピーター(Safecast)が見ている未来はあまりにも先なのに、現実段階に落とし込むプロセスはおもしろい。飛び抜けた感覚知で未来を勝手に描いている。それはニーズでもシーズでもなく、やりたいという感情から進んでいる。具体的にピーターのウォンツは、一人の持ちうる可能性を広げて、中央集権から分散型に意識を変えていこうと、自分ひとりで生きていけるような世界を描いている。ブラックボックス、誰かに依存している状態を尽く潰していく。だから、自分でわかるように、Safecastをつくった。
今回のゲスト登壇者に共通しているのは、ものすごく大きな体制や常識、既存のシステムにあらがっていることだ。ただ、それを気持ちよくやっている。やっていて楽しい、疲弊していない。社会的なことを語るだけではなく、経済性も担保され、システムのダイナミズムも高い。仕組みが転用されやすく、汎用性がある、そして、一部の人の手に抱えないようにしている。広げることが仕事ではなく、新しい取り組みに夢中になっている。

20人を越える多様なゲストから、
ディレクターが選んだ5人の好奇心と実験

「さすらいのごとく120カ国以上を旅してきて、今ではそこで出会った数々の面白い人とビジネスや趣味のような祭り事をしているとふと気付くのは、その多くの仲間たちは、誰の人生でも、ルールでもないmy own wayで生き様をクリエイトしているということ。今回はその旅の中で出会った、好奇心と実験をmy own wayで何度も行き来している仲間がゲストだ」

登壇するゲストはそれぞれが、独自の好奇心を持ち、想像を膨らませ、小さな実験をスタートしている。それぞれどのようにはじめたのか?ディレクター本村が選んだ5人の取り組みを紹介する。

Peter Ernst Coolen(Street Art Today)

好奇心と実験

ストリート・アートの価値を極限まで高めるためには?発想はシンプルに、しかしながら、行動は徹底的に大胆にやるのがPeter やったことは、世界一巨大で壮大なストリートアートミュージアムを作ることであった。今年度中にはNDSM(アムステルダム)にてお披露目される。

プロフィール

Street Art Todayの創設者兼キュレーター。キングススプレーストリートアートフェスティバルの主催者であり、Pakhuis De Zwijgerとアムステルダム博物館、国立美術館のストリートアート壁画のプロデューサーも務めている。現在、NDSMアムステルダムで世界最大のストリートアートを展示するミュージアムを建設中で、 2019年秋にオープンを予定している。

Danaiel Maggs(BISU)

習慣化のカリスマ

(行動変革を提供しているウェアラブルデバイス)健康維持管理をしていく。貧富の差に関わらず、健康を維持させるために必要な行動変容はどういう条件で生み出せるのか?という仮説を持ち、ウェアラブルデバイスを作っている。

プロフィール

自宅で尿検査を行い、食生活やメタボリズム、体水分量の測定を簡単に素早く行えるデバイスを開発。スティックを挿入するだけで、スマートフォンアプリに解析結果とボディーコンディションが表示されるシンプルな構造で、毎日測定していくことによって、自身のボディコンディションを知り、的確なデータを基にした健康維持管理を可能にする。2017年HAXのSUTARTUPSに選出され、深圳でのブートキャンプも終えている。

Anri Sugihara(杉原 行里)株式会社RDS 代表取締役社長

圧倒的な結果にこだわり続ける姿勢

中央集権から分散化へ世の中はシフトしている。中でも個人のものづくりの潜在性を圧倒的に高め、加速させていくプラットフォームがRDSであり、杉原氏のパーソナリティなのだろう。

プロフィール

株式会社RDS代表。2019年度F1チームToro Rosso Hondaのスポンサーを始め、モータースポーツ、医療・福祉、最先端ロボットの開発など、多数の製品開発に携わり、グッドデザイン金賞を受賞した世界最軽量の『ドライカーボン松葉杖』、車いすの概念を変える未来型車モビリティー『WF01』、VRで2100年の東京を体感できる『CYBER WHEEL X』などを開発。ソチ・平昌では、パラアスリートへ技術開発提供を行い、チェアスキーで金メダルを含む、7個のメダル獲得に貢献。最近では、最新車椅子レーサー『WF01TR』、シーティングシミュレーター『SS01』を発表。『HERO X』編集長も務める。

Tim Hoogesteger(ティム・フージェスタイガー)Next Nature Network Managing Director

未来を思索し続ける

世界で最も衝撃を受けたデモンストレーションの一つがNNNが展開するNano Super Marketである。ミクロや分子のレベルでどのような覚醒がおこるのか? プロダクト開発やナラティブ、スペキュレーションズ…etc、頭が完全にシェイクされるでしょう。

プロフィール

現在、Next Nature Networkのマネージングディレクターであるティムフーゲステガーは、2012年と2014年にオランダのエレクトロニックアーツフェスティバルをリードし、デトロイトのテクノアーティストとアート&テクノロジーに触発されたエレクトロニックミュージックアーティストとして世界中を回遊。Culturescape Foundationを設立し、音楽と視覚芸術分野の才能を刺激するプロジェクトを立ち上げた。 Next Nature Networkで、彼は人間とロボットのHUBOT Job Agency、Bistro-in Vitro、NANO Supermarket、Future Food Formula、Next Sensesなど、すべてのモバイル展示の開発に携わる。

Eva de Klerk(エヴァ・デ・クラーク)make my city 提唱者

Make your City

ものづくりもプレイスメイク(都市開発)もボトムアップから面白いものが生まれているのなぜなのだろうか? そこにMake your Cityの全てのコンセプトが隠されている気がしてならない。

プロフィール

プロジェクトブースターであり、「Make your City」の著者。開拓者、文化探究家、施工責任者、開発者など一言では表現できないほどの肩書を持つ。コミュニティと都市や地域の開発、発展に努力と情熱を注ぎ、多くのプロジェクトに携わっている。世界中の都市に存在する“放置された場所”(無人化し社会から存在を無視された場所や、ある種の否定的なレッテルを貼られた地区など)を調査し、様々な人々に実態を紹介しアイデアを集結していくという手法で、新しい可能性を見つけ出し社会に提供することに取り組んでいる。

5人以外のゲストは、公式Webでチェックしてほしい。
https://www.bordersessions.jp/speaker/

聞くだけで終わらない、
都心の一つの区画からスタートする小さな実験たち

「Boarder Sessionsとその会場である新虎ビレッジは小さな実験と新たなラボが不規則に生じていく実験場であり、インキュベーターである。すでに、今回の協力企業であるナカダイとのラボがスタートしているようだ。ナカダイでのラボはどのようなものかをディレクターの本村氏に伺った。

「日本で屈指の産廃業者である中台社長を中核に世界的(徳に欧州)に遅れをとったサーキュラーエコノミーの入り口を作ろうとする野心的なプロジェクト。産業廃棄物の規制は高まる一方、中国やインドと言った大国が世界の経済を牽引していく中で産廃を資源に変換できない限り世界のサステナビリティの担保はおろか、日本国内に蓄積されたホームレスガベッジ(行き場を失ったゴミ)の行く末を担うプロジェクトでもある。オランダは農業生産とともにサーキュラーの先進国としてそのノウハウを世界へ循環させており、この勢いはますます留まることを知らない。来年5月にハーグで開催されらボーダーセッションズ(予定)では日本型の産廃循環モデルを共有することで欧州のコラボレーターと共に日本(アジア)とオランダ(欧州)をつなぐ架け橋ともなりうる。

Boarder Sessionsのラボと一般的なラボの違い(β版)

Boarder Sessionsのラボ 一般的なラボ

資本

意志

通貨

参加者

アマチュア

プロ

体制

多極分散

中央集権

動機

共有・共感

独創・独占

活動場所

Grey(曖昧な余白)

研究所

ルール

懐疑的

遵守する

アウトプット

実験そのもの(ライブ)

プロトタイプ・報告書・論文

ゴール設定

実験の継続

利益

サミット 〜2030年の生活の当たり前”を具体化〜

ファシリテーター、研究者、有識者、企業、デザイナー、エンジニア、建築家などが中心となって、“2030年の生活の当たり前”を具体化していく事を目的に、様々なテーマを研究対象とする。

ラボのキックオフと実験成果を発表するデモンストレーション

サミットで議論されたテーマや、参加者同士で作る“欲しい未来”を具現化するプロジェクトチームを発足。新虎ヴィレッジから未来を豊かにする様々な解決策が提案される。ラボの研究成果は、その後新虎ヴィレッジにて繰り広げられるワークショップ、フェス、イグジビション、デモンストレーションを通してアップデートし続ける。既に進んでいる関連イベントは以下の通り。

そして、2020年6月に開催予定となっているオランダハーグでのボーダーセッションズとのコラボレーションも日本で生まれたLabを媒介にして進んでいきます。まさしく日本とオランダ(欧州)を行き来しながら実験思考の種を発芽させて中期的な狙いは、2020年5月の本場オランダ・ハーグのボーダーセッションにラボの成果を持ち込むことだ。今年のボーダーセッションに参加した際に、感じた物足りなさ(多様性のなさ、海外との関係性のうすさ)での解消につながると考えている。リアルなラボを持ち込み、欧州との交流の拠点にすることで、ラボの新たな可能性を膨らませることができる。そして、再び秋に、日本でボーダーセッションズを開催し、半年ごとに日本と欧州でボールを投げあえるような状況を目指している。
「今後も成長を続けるアジアという巨大市場を直接目指すのではなく、ルールメイクが得意な欧州を介することで、日本が得意な商品の企画や開発がより生かされ、欧州を通じて世界を考え、発信することができる。これは、遠回りに見えて、実は近道なのでは。オランダとの高速かつ頻繁なディスカッションによって、それが実現できれば、新たなビジネスを生み出すこともできるかもしれない」と本村氏は夢を描く。

最後に、BOARDER SESSION創始者からのメッセージ

技術は単に与えられたものではありません。それは過去と現在における人類の営みの決断の結果です。人類と技術の歴史は密接に関連しています。私たちが日々使っている道具や建造物からそれらの意味を考察しない限り自分たちの存在や性格を正しく理解することは不可能でしょう。何世紀にもわたって、生活インフラとして利用されてきた技術の蓄積が、現代のデザインやアプリケーションがもたらす様々な”結果”を信じられないほどに予測したり、理解することを困難にさせているのはいうまでもなく。だからこそ、私達はそれらのツールや設計を改めて研究し、哲学し、新たなアプローチで実験を繰り返すそんな姿勢をこのボーダーセッションで培っていければと考えています。

ゲリット・ヤン・ヴァン・ト・ヴィーン

(※初日オープニングにゲリット氏の登壇を予定しています。)

今はまだ小さな兆しでしかないBoarder Sessionsの波に、乗り遅れてはいけない。
未来をつくる小さな実験は静まり返った都心の休日からひっそりとはじまる。

Access

アクセス・会場マップ

Tickets

チケット購入